Lilacの妊娠・出産・育児ノート

キャリア志向の強い女性や、仕事で既に責任ある立場にあったりする女性向けの妊娠・出産・育児ブログ。 妊娠したときのTips集、キャリアと妊娠・育児を取り巻く論点、女性リーダーシップと子育ての両立、日本と海外の状況比較、今は仕事に没頭中だけどいずれは子供も欲しいと思う若い女性向けのメッセージなど、様々な話題をお届けします

キャリアとの両立

書評:「育休世代」のジレンマ 女性活用は何故失敗するのか?



「へえ、あいつも女の幸せに目覚めたの」
「超バリバリ働いてたのがあっさり辞めちゃってさ、もったいないよね」
社会人6年目で出産した私自身が、友人が、そして今回のインタビュー対象者を紹介してもらう上で、何度も聞いた台詞だ。いや、思えば社会に出て以来、聞かされ続けて来たことだ。
「女は結婚すると皆、あーなっちゃうんだよな」「お前はああいう風になるなよ」 

こんな序文から始まる本書は、そんな風にバリバリ働いていたキャリア志向の女性たちが、妊娠・出産をきっかけに仕事を辞めてしまう経緯、そしてそれを起こしている構造的な問題を、15人の女性たちのインタビューを通じて明らかにしたものだ。

本書のインタビューによれば、実は、男性と遜色なくバリバリ働きたいという思考を持つマッチョ志向の女性ほど、出産をきっかけに仕事を辞めている。中には専業主婦になっていく人もいる。一方で、就職活動の時から「自分は育児もしたい」と、社会の中の女性的役割を受け入れている女性のほうが、結果としてキャリアを継続している。著者が序文で問題提起しているように、「バリキャリ女性ほど、突然女の幸せに目覚めたかのように辞めていく」ということが、実際に起こっているのである。女性の意識と一見逆転しているように見えるかのようなことが、何故起こるのだろうか。

読み進めるほどに、 マッチョ志向の女性は、学生時代から「私は男と同等に、ハンディ無しでバリバリ働きたい」と考え、男性比率の高い伝統的な職場に飛び込む傾向が高いことが浮き彫りにされていく。そして、働きながらも「女性だから」という理由でサポートを得ることを潔しとしない。
そんな職場にいながら、たまたま20代で結婚し、妊娠、出産をしてしまったら、その後の職場からの育児と両立するためのサポートが得られなくなってしまうのだ。または妊娠した女性の待遇が分からない周囲からは、腫れ物に触るように過剰に扱われ、一般職の女性と同じ職務に追い込まれる。本人は元々求めていたやりがいを得られず、「何のために子供との時間を犠牲にして、仕事しているんだろう」と悩み、裏切られたような、半ば諦めの気持ちで離職していくのだ。
一方で、女性的役割を受け入れる女性のほうが、バリバリ働くやりがいよりも、育児と仕事を両立できるような職場環境を重視して職場を選んでおり、結果として周囲の理解やサポートを得られ、キャリアを継続できているのである。

結局のところ、女性自身の意識や努力よりも、職場における女性への待遇やサポートの方が、女性のキャリア継続に重要であること、そしてそういった職場を最初から選ぶか否かが、女性のキャリア形成に大きく影響しているのである。

15人という少人数の調査だが、それぞれの女性に納得の行くストーリーがある。
辞めていくバリキャリ女性が、決して「女性としての幸せに目覚めたから辞めていく」のではないこと。そして育児をしたい思考も強く、職場もそれで選んだ女性が、周囲のサポートを得て、キャリアとの両立を真剣に考えるように変わっていく様子が描かれており、それをつなげてストーリーとして読むのも面白い。

本書に登場する15人は、育児休暇等の制度が整い始めた2000年代に就職、その後20代で結婚、20代のうちに第一子を出産している。世の中には、私のようにある程度のキャリアを積み、30代半ばを過ぎてから出産するケースも多くあり、彼女たちは違う課題が問題となるので、女性のキャリアと育児の両立がこの本で全て解決できるというものではない。しかしながら、こういった20代結婚・出産をすることが普通に出来るような環境にならないと、少子化問題は解決しないので、その意味でも本書は十分に大きな問題提起をしていると思う。

「イクメン礼賛」だけでは解決しない、キャリアと育児を両立する女性活用問題

Fotolia_66329006_XS
Photo credit: Fotolia

「仕事でもしっかりキャリアを積みたいけど、子供も欲しい」と考える女性は、育休制度等が整い始めた2000年代以降増えており、今では高学歴女性の大半を占める考え方になりつつある。

一方で、彼女たちは「いつ産むのが良いのか」「産んで本当に両立できるのか」などの悩みを持っている。
私も、社内外問わず女性の若手社員や女子学生などから、こういった質問を受ける事が度々ある。

「会社で実績を積み上げる前に出産して長期間育休を取ったりすると、戦力外になってしまわないか?」
「かと言って、日本企業で一人前になるまで10年働いたら35歳。それから自分に子供が出来るか、と考えると分からないし、キャリアと子供を本当に両立できるのか不安です」
「女性として育児と仕事を両立するための仕組みはあるんでしょうか。また、そういうロールモデルになるような人はいるのでしょうか?」など。

なお、男性の後輩や男子学生から、このような質問を受けたことは一度もない。
(本当は悩んでいる人もいるかもしれないが、男がそういう質問をするのはおかしいと、しないだけかもしれない)
そう考えると、そもそも女性だけが「キャリアを考えるといつ産むべきか」などと、こんなにも考えさせられるのはおかしな話だな、と思う。

女性がキャリアと育児の両立に悩む理由の、本当に根っこにある原因を考えると、次の3つに集約されるのではないかと考えている。
  1. 「一人前になるのに10年かかる」遅いキャリア形成
  2. 「正社員は残業が当たり前」という先進国ワーストクラスの労働生産性の低さ
  3. 保育所・ベビーシッター等の育児を支える社会インフラの不足
この3つの状況で、夫婦にとって育児とキャリア・仕事の両立が難しくなっているのが根本的な問題ではないだろうか。その上で、4番目の理由として、これらを、女性だけが自分のキャリア形成を犠牲にしたり、労働時間の調整で補うのが当たり前となっている社会通念があるため、女性だけが大変悩む結果となっているのである。
 
最近「イクメン」という言葉が流行し、長期の育児休暇などをとったり、仕事の仕方をフレキシブルに変えることで、育児に積極的に参加する男性を礼賛する動きがある。
これ自体は良い傾向としても、どちらかと言うと、4番目の夫婦にとっての負担を夫婦平等にするという対症療法であり、本当は1~3の根本的な理由が解決されなければ、そもそもキャリア・仕事と育児の両立が難しい状況は変わらないだろう、と考えている。

少し詳しく解説してみる。

1. 「一年前になるのに10年かかる」遅いキャリア形成

「いつ産むのが良いのか」「20代で産んだら戦力外になるのでは?」という女性の悩みは、結局のところ多くの日本企業でキャリア形成に時間がかかることに問題がある。

中野円佳「育休世代のジレンマ」という本を読むと、高学歴でキャリア志向を持って就職し、社会人4~7年目、20代後半から30歳で子供を産んだ女性たちが、キャリア形成との両立の間で悩んでいる様子が描かれている。
日本の初産平均年齢が30.3歳(2012年)と言われる中、彼女たちが産むのが特別早過ぎるわけではない。

一方、一人前に仕事が出来るようになるのに10年かかる日本企業は多い。
一つの仕事の単位が3~5年、2つか3つの仕事を担当して初めて一人前、と認められるから、10年かかるのだ。
10年は長い。
出産可能年齢を考えれば、仕事を覚え、会社に認められる前に出産をして、育児休暇で1年などのブランクを持つことに不安を覚える女性が多いのは、不思議なことではない。

これに対して、外資系や一部の日本企業には3~5年で一人前と認められ、マネージャーやチームリーダーなどリーダー職に就くことが出来る企業も多い。新卒就職市場を見ていると、男女問わず、若いうちに責任のある仕事をしたい、と望む人ほど、結果として出世の早い企業を選ぶことが多い。

さっさと一人前になり、会社の信頼もあり、仕事の量の調節など裁量権が増えれば、育児休暇などでブランクがあってもさほど大きな問題にならなくなる。実際、米国、北欧やドイツ、フランスなどの国では、ホワイトカラーの職場では、さっさと出世して、20代後半から30代前半で子供を産んで、職場に戻る、というスタイルが確立している。

大久保幸夫・石原直子「女性が活躍する会社」という本では、男女ともにスタートダッシュさせ、5年でリーダー職に昇格させるキャリア形成へ変えていくことを提案しているが、そうすることで男性にとってもやりがいがあり、企業にとっても外資に流れてしまう優秀な人材を確保しやすくなるだろう。

日本企業が、このように人事の仕組みを変えるには、上の世代も含む他の調整も必要であり、相当大変である。でもそれをやらないと、女性活用が難しくなるだけでなく、男性も含め優秀な人材が流出している企業や海外企業との競争が難しくなるのは目に見えている。

2. 「正社員は残業が当たり前」という先進国ワーストクラスの労働生産性の低さ

女性が育児と仕事の両立に苦しんだり、遅くまで働く同僚を尻目に恐縮しながら帰宅するのも、「イクメン」男性がなかなか定着しないのも、結局、残業が当たり前なほどワークロードが多い日本の職場に問題がある。

今どき保育園は7時半まで預かるところはザラだ。学童保育も6時までやっている。もちろん病児保育などの問題はあるものの、男女ともに5時、6時に仕事を終えて帰宅するのが当たり前の職場であれば、そこまで両立が厳しいとはならないのではないか。

日本の労働生産性の低さは、先進国の中ではワーストクラスであることはよく知られている。
OECD加盟国の労働生産性を比較すると、時間あたりの労働生産性では20位。
G7の中では最低であり、先進国と呼ばれる殆どの欧米諸国より低い。
また、産業別に見ても大きな違いはなく、どの産業も軒並み低い、という特徴がある。
(引用:日本の生産性の動向 http://www.jpc-net.jp/annual_trend/index.html

何故、日本企業はそんなにも生産性が低いのか。
日本企業の利益率が、欧米企業に比べて低い、というのも理由の一つだが、加えて労働時間が長い、というのも労働生産性の低さを加速されている。

日本以外の先進国の企業で働いてみると、ベンチャー企業や投資銀行などの特殊な企業で無い限り、朝8時から働いたら6時には上がるのが常識である。人々はその後、家に帰り、家で子どもたちと一緒にごはんを食べるのだ。日中はずっと預けていたとしても、夕方以降はずっと子どもと過ごす事ができる。

一方、日本企業では正社員が残業をするのはデフォルトになっている部分がある。
一円の利益にもつながらない週報や報告書。アジェンダもないのに延々と続く定例会議。
本社と事業部・支社・営業所・工場などで組織が二重構造となり、同じことを複数の部署がやっている。
本社の人員削減を余りにもやり過ぎたために、事業部や支社が本来の機能に加えて本社機能も果たさなくてはならなくなっている非効率性。
正社員のワークロードを増やしている非効率性の理由は多々あり、それらは本来全て解決可能である。

加えて、「効率よく仕事を終わらせる人」より「頑張って長い時間働く人」を褒める文化もある。

3. 保育所・ベビーシッター等の育児を支える社会インフラの不足

3番めはよく言われることなので詳しくは述べないが、欧米に比較すると保育所やベビーシッター等の子育てインフラが圧倒的に不足している。

一方、日本は、1年、場合によっては1年半もの「育児休暇」の制度が国として整っているが、これは欧米諸国の中でもまれに見る長さだ。
一見、出産・育児と両立する女性に優しい制度に見えるが、実態は、子育てインフラが余りにも貧弱なので、女性のキャリアを中断させて、子供の面倒を見るようになっているだけである。
20代で産む場合でも、30代後半で産む場合でも、女性が職場復帰するにあたり、ブランクは短ければ短いほど、復帰しやすいのは同じである。長いブランクは、本人の出世にも悪影響を及ぼすし、会社としても非効率となるだろう。

もちろん、1年休んで子供の面倒を見たい、という価値観の人がそうすることが可能なのは良い(欧米でも、育休を1年取る選択をする女性は多く存在する)。保育所に入れないという理由で仕方なく長い育休を取らざるを得ない女性が多い状況は、国として女性活用を推進しているとは全く言えない。


以上、これら3つの問題が解決してくれば、仮に女性だけが育児の負担を負うとしても、キャリアとの両立にそこまで大きく悩まなくなるだろう。北欧で出生率が高いのはこの3つの問題が無いからだと考えている。また、出世が早い、6時には帰れる、子育てインフラもある、という世の中であれば、「イクメン」を礼賛しなくても、男性ももっと気軽に子育てに参画できるようになるだろう。

「イクメン」が増えるのは喜ばしいことだが、それは男女で負担を分けるということに過ぎず、負担が大きい限り、「イクメン」増加も一過性のものとなりかねない。男女ともに、育児とキャリア・仕事の両立の負担が軽くなるよう、企業と社会の制度を変えていくことが望まれることだろう、と理想的には思っている。

参考文献:

日本の生産性の動向 http://www.jpc-net.jp/annual_trend/index.html


 
女性が活躍する会社 (日経文庫)
大久保 幸夫
日本経済新聞出版社
2014-10-16

リーダーシップと妊婦であること、を両立する5つの方法

Fotolia_56096177_XS
Photo credit: Fotolia

変なタイトルだが、私が妊娠前から初期にかけてずっと悩んでいたのは、これだった。

「リーダーシップ」とは、自分が何かをしなくてはと思って、周囲の人や物に働きかけ、「動かない人・ものを動かす力」であり、「何か新しい動きを作ったり、何かを変えていく力」のことだ。
例えば、伝統的な組織で根回しをし、人の気持ちを動かして、今までのやり方を変えていくのはリーダーシップと呼べるし、周囲の同僚に働きかけて、労働環境を改善していくのもリーダーシップである。
組織の上からトップダウンで動かすのも、平社員が草の根で動き方を変えるのも、どちらのタイプもある。
どのような仕事でも、何かを作ったり、変えたり、動かしている人たちは皆リーダーシップを発揮している、と言える。

私がやっているコンサルタントという職業は、クライアント企業を変革するのが仕事で、リーダーシップをとることが常に求められる。
更に、私のいる会社は、リーダーシップの権化みたいなところで、入社面接で最も重視されるのはリーダーシップであり、新卒の頃から仕事のみならず遊びに至るまでリーダーシップを取って積極的に動くことが求められ、卒業した人々はリーダーシップについてたくさんの本や教科書を出している。
立場が上がってくれば、尚更重要になるものだった。

にもかかわらず。

昨年の夏、私は妊娠を機に、リーダーシップを取って何かにチャレンジすることが出来なくなった。
「らしくないね」、という人がいた。「あいつ、やる気無いんじゃないの」と噂をする人もいた。
気持ちとしてはやりたいが、妊婦であることと、リーダーシップを発揮することをどうやって両立すれば良いのか、わからなくなってしまったのだ。
その後数ヶ月、苦しみながら模索し、どう両立すれば良いのか、だんだんわかってきた。
このエントリでは、その方法論について書こうと思う。

妊娠中、または妊娠をしようとしている時、女性がリーダーシップを発揮するのが難しくなる事がある。
その理由は主に2つある。

ひとつは体調だ。
妊娠初期は、個人差はあるが、つわりで体調が悪く、思うように頭が働かない、体が動かないことも度々ある。
二日酔いの気分の悪さがずっと続いている状況で、人を動かし、組織を動かして、何かを率先して進めていこう、と決意することができるか? 中々大変なことだ。
何事にもやる気が出ず、億劫で、何もやりたくないと思ってしまうことも多い。
ましてや、体調が悪いのを押して自分が疲れるだけなら無理をしてでもやってやろう、と思うが、今は自分が体調を崩すとお腹の赤ちゃんに影響するので、なかなか無理もできない。

もう一つは、数カ月後には産休を取らなくてはならないのに、今から責任のある新しいことを始められない、という思いだ。
商品開発にいて、新しい商品の開発を担当し、自分が完成に至るまでの全責任を持てるか。
営業にいて、新しい顧客を開拓し、自分が会社を代表して顧客に責任を取ることができるか。
妊娠中の女性だけでなく、今から妊娠しようと思っていたり、不妊治療をしている女性も、いつから自分が休みに入るかわからないと思い、責任を取るのは難しいと感じる人は多いだろう。
責任感が無いからではなく、責任感があるからこそ引き受けられない、そういう女性は多いのではないか。

また、上の2つほど決定的ではないし、どちらかと言えば克服すべきものだが、不安というのもある。
人は、何か不安がある時、別のことに集中するのはなかなか難しい。
男性にとっても、家庭の問題や病気など不安があるとき、己をマインドコントロールし、仕事でリーダーシップを発揮するのはなかなか大変だ。
妊娠初期は、染色体異常で流産する確率が2割程度あると言われる。妊娠がわかった女性は嬉しい半面、腹痛や出血などちょっとした体の変化のたび、赤ちゃんは大丈夫か、と不安に思う。
どのような状況でも自分をマインドコントロールして不安を乗り越え、リーダーシップを発揮して何かをやり遂げるかどうかは慣れもあり、立場が上がるほど必要になるスキルであるが、30代など若いうちから当たり前に持っている人は少ない。

どの国のどの企業でも、管理職や経営層に出世するためには、リーダーシップを発揮できるかどうかが決定的に重要になることが多い。
実際、女性の経営層や管理職が男性より少ない理由として、女性のほうが責任感を持って何かを成し遂げるリーダーシップが少ないから、と指摘されることが多くある。
そんな中で、女性としてリーダーシップを発揮したくても、出来ないことは辛い。

そんなわけで、昨年の夏、私はかなり辛い思いをしていた。
例えば、私には今までずっとやってきて、ノウハウがたまっている仕事があるが、自分がリーダーシップを取って、それを他国や異なる産業に展開をすることを求められていた。
求められるだけでなく、自分でもそうしたいと思っていた。
しかし、妊娠が判明し、来年には産休を取るかもしれないのに、新しいことを開始する無責任なことは出来ない、と思い、思い切った行動を取れずにいた。

短期間で成果が求められる難しいプロジェクトの責任者を、お断りしたこともあった。
こんなこと、これまでにはなかったことだ。難しいプロジェクトこそ、やりがいもあり、大好きだったのに。
しかし、プロジェクトの責任者として、クライアントに十分満足な成果を届けるためには、徹夜をしてでも完成させるし、自分が駆けずり回ってでも情報を取ってくる必要があることもある。
いざというとき連日徹夜をして、駆けずり回れるか、と言われると、今は無理だ、と判断した。
自分らしくないな、と思い、落ち込んだ。

それから数ヶ月経って、昨年の10月頃から、徐々にリーダーシップと両立する方法を編み出していった。
その結果、様々なことに取り組めるようになり、良循環が回るようになってきた。

その良循環が回るようになった、5つのポイントを書いてみる。
どの点も、何故このことに気付かなかったのだろう、と今は思うことばかりだ。
次にまた妊娠をすることがあったら、かなり初期から、または妊娠前から実施したいと思っている。

1. ひとりでやらない。必ず仲間を見つけ(焚きつけ)、ダブルヘッダー以上でリードする

妊娠中、または近いうちに妊娠しようと思っている女性であっても、新商品の開発や新規顧客開拓など、新しいことをリーダーとして始めることを諦める必要はない。
同じようにやりたいと思っている仲間を見つけ、またはその人を焚き付けてやる気にさせ、ダブルリーダーになれば良いのである。

「この商品のことを一番知っているのは自分だけだから、自分しかできない」となどと思う必要はない。
むしろ、自分だけが知っていることだからこそ、ダブルリーダーになっても価値を発揮できるのだ。
自分の役割は、自分だけが知っているそのノウハウを伝授することだ。
相手の役割は、自分が体調面もありリードできない時に、やってもらうこと、そして自分が産休に入っても継続的にリーダーシップを取ってもらうことだ。

産休が終わって、自分が帰ってきたら、ダブルヘッダーを再開すれば良いし、自分がいなくても回るようになっていたら、また新しいことをリードし始めれば良いことだ。

会社の仕組みとしては、妊娠した女性を「プロジェクトから外す」のではなく、他の人とダブルリーダーにする仕組みを導入することが、女性のリーダーシップ育成に役立つだろう。

2. 他の人をリーダーに据え、自分は後方支援に徹するタイプのリーダーシップを学ぶ。
  または、自分がいなくなってもリードできる人を育てる。


自分が前面に出て、物事を推し進めるだけがリーダーシップではない。
人前に出るリーダーは他の人にやってもらい、自分は後方でその人を支援しながら、チームとして物事を動かしたり、変えたりしていくのも、立派なリーダーシップである。

他の人、特に後輩をリーダーとして仕立て、足りないスキルを後方からサポートすることに徹すれば、その人の成長にもつながるし、感謝され、信頼関係を構築することも出来るだろう。
自分は前面には出ないが、いつでも電話や社内会議で相談してもらい、行くべき方向性を示したり、やり方を教えたり、やる気を出させてあげたりすればよい。
と書くと、まるでその人の上司みたいだが、実際、本当の意味での管理職になる良い練習になるだろう。

このやり方を成功させるには、信頼できる人(勝手に進めないで、失敗する前にちゃんと相談してくれるなど)を探し出すのも重要になる。

会社の仕組みとしては、妊娠した女性が後方支援でも価値を発揮しやすい仕組みを整える(会議体を電話会議中心にする、後輩をリーダーとして育てる仕組みを導入するなど)のが、女性リーダーを増やしていく、または子育て中の男性も含めてフレキシブルなリーダーを増やしていくのに役立つだろう。

3. 妊娠中でもリードできるタイプのことを見つける

妊娠中で体調がすぐれない時でも、そこまで負担がない、または長期的な責任が必要とされない案件というのは、探してみると意外に多く存在する。
今やっている案件が、妊娠中だと負担が多く、最後まで責任を取れないという場合でも、ただ辞めるのではなく、そういう代わりの案件を見つけて、シフトすることを提案する方が圧倒的に良い。
リーダーシップが無い、信用出来ない、と思われるリスクを避けられるし、自分にとってもリーダーシップを維持し続ける良い練習となる。

4. 一緒に仕事をする人、自分をサポートしてくれる人には包み隠さず話す

これは最も後悔していることの一つだ。
当時は、自分は高齢出産だし、体調も優れなかったので、流産する可能性が高いだろう、と思っていて、一緒に仕事をしている後輩にも話せなかった。
今は、たとえ残念な結果だったとしても、同じプロジェクトで一心同体に仕事をしてくれる後輩には話しておくべきだった、と思っている。
噂が広がり、心ない噂で傷つくことがあったとしても、一緒に仕事をする一部の人達から信頼を得られることのほうがずっと大切だ、と今は思う。

自分が傷つくかもしれない、デリケートなことを包み隠さず人に打ち明けるのは、とても難しいことだ。
でも、古今東西どのリーダーシップの教科書にも書いてあるように、自分の悩みや秘密を相手に包み隠さず打ち明けることは、相手と親密になり、相手の信頼を得るために最も効果的なことだ。
多くの場合、相手はあなたのことをサポートしてあげようと思うようになり、最大の助けを得ることが出来る。

最終的に話すかどうかはあなた次第だが、相手の信頼と助けを得るためには秘密を打ち明けるのが最も効果的である、というリーダーシップ論があることは知っておいても良いだろう。

5. かなり先のことまで予測・計画し、長めのリードタイムで行動することを優先する
   頼まれたことは出来るだけその場で解決、あとに残さない


最後は妊娠中に限らず、常に心がけておくべきことだが、妊娠中もリーダーシップを取って何かを進ませ続けるためには特に重要になるポイントだ。
妊娠中は、いつ体調がどうなるかわからない。突然入院、なんてことも起こりうる。
いざというときの馬力が効かないし、その場の力で何とか乗り切るなどという技が使えないことも多くなる。
ので、かなり先のことまで予測して行動、早め早めに物事を進めておき、いつ自分が倒れても大丈夫なようにしておくことだけに、
また、頼まれたことは出来るだけその場で、またはその日のうちに解決してしまい、ためておかない。
そうすることで、自分も余裕を持って安心して物事を進めることに専念できるし、周りも安心して妊娠中の自分に任せておく事ができる。

妊娠初期は体調も優れず、何をするにも億劫で、何でも後回しにしたい気分になることが多いものである。
そんな中で、周囲の信頼を維持しながら、何かを進ませるためには、先まで計画すること、とにかく先に終わらせること、それだけをなんとか優先して進めるのが良い。


実はどのポイントも、妊娠しているかに関わらず、もっと言うと男女にかぎらず、フレキシブルなリーダーシップを取るために大切になるポイントだと思う。働き方が多様になっている今だからこそ、男女ともに大切なスキルかもしれない。

この記事の続編はこちら
・ リーダー型女性が「頼る・後方支援に回る」スタイルを築く8つの方法(前編)
・ リーダー型女性が「頼る・後方支援に回る」スタイルを築く8つの方法(後編)
 
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ